ヨガの資格「RYT200」とは

RYT200は海外でも通用するヨガインストラクター資格

RYT200は海外でも通用するヨガインストラクター資格 ヨガインストラクターの資格は、様々な団体が独自に認定しているのでたくさん存在しています。
様々な団体が独自に認定しているので、違う国に行けば通用しないこともあるのですが、中には自国以外でも通用するものもあり、その中でもとくに有名なのが、全米ヨガアライアンス協会の資格です。
全米ヨガアライアンス協会は1999年にアメリカで設立された協会で、ここが認定している資格は世界中で通用します。
全米ヨガアライアンス協会は設立以来、ヨガの指導者を養成するために様々な基準を作り、指導者養成に努めていて、ここが指定している基準にのっとったコースを受けて申請することで様々な資格が得られます。
その中でも、ヨガインストラクターとして必要最低限の知識や技術を身につけるコースで200時間のプログラムを終了し、協会に申請することで得られるのが「RYT200」です。
RYT200はヨガのインストラクターの最も基本的な資格として、多くの国で通用しています。

海外でヨガインストラクターとして通用するRYT200資格

海外でヨガインストラクターとして通用するRYT200資格 ヨガインストラクターとして海外で活躍したいと考える時に必要となってくるのが国際資格です。
ヨガには国家資格とううものはありません。
養成スクールに通いその学校の認定資格を受ける事で信用を作る事ができます。
インストラクターを目指すコースとなると、実技以外にもスヨガの歴史から呼吸法、解剖学に至るまで幅広く知識を習得する必要があるためインストラクターコースとなると数十万円ほどかかり、さらに期間も数か月から1年ほどをかけて学ぶものとなります。
その中でも海外で通用する資格が国際ヨガ協会である全米アライアンスの国際認定を受ける事です。
RYT200はその資格の一つであり、200時間の修業を終えた人が認定される国際資格です。
RYT200以外にもRYT300、RYT500があり、段階的に勉強していきたい人には200から300のコースがおすすめです。
短期間で一気に基礎からプロの知識を身に着けたい方には500時間のコースがおすすめです。

新着情報

◎2022/11/1

情報を更新しました。
>RYT200のコース修了後のサポート体制
>RYT200でヨガインストラクターのスキル
>RYT200対応のコースを受講するメリット
>ヨガインストラクターとしてアピール力が高いRYT200
>ヨガの資格のRYT200を最短で取得する方法

◎2020/8/3

RYT200は外国でも通用する資格
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

RYT200の登録と認定ヨガ資格について
の情報を更新しました。

◎2019/12/24

ヨガの国際的なライセンスRYT200
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

RYT200があると有利になる?
の情報を更新しました。

◎2019/8/19

RYT200で学べるヨガの流派
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ヨガ インストラクター」
に関連するツイート
Twitter

体が硬めのヨガインストラクターおすすめ!「猫背」改善ストレッチ(上村ゆい) - エキスパート

体が硬めのヨガインストラクターおすすめ!「猫背」改善ストレッチ(上村ゆい) - エキスパート

今日たっちゃんに洋服褒められた笑笑 夏らしいフリフリ、可愛らしい☺️だってー! ※たっちゃん=ヨガインストラクター

ヨガインストラクターやってる友達に、カフェイン飲料飲んだら同じ分水も飲めって言われたの思い出した

ヨガおわ。 はじめましてのインストラクターさんのレッスンでした。 「ヨガ歴長いんですか?」 「インストラクターですか?」 「ポージングがキレイだったので」 ✨最高の贈りもの✨をいただいた。